好きな本

近頃読んでる本。

塩野七生「ローマ人の物語」シリーズ

 古代ローマを成立ちから帝政、そして分裂、崩壊と
丹念に描いているこのシリーズ。
 高校時代からハマり、一年に一度刊行されるこのシリーズを心待ちにしている。
僕はこのシリーズで歴史とは何か、を
おぼろげながら掴み取った。
つまりは人の歩む様が歴史であり、それは僕も作っているものだ。
過去の人間も悩む、そして行動する。それは現在の僕らと何一つ変わらない。

作者のしおの ななみ さんは、僕のキャラ、プリの「ナナミン」のモトネタである。
ユリウス・カエサルに恋する素敵な女性。

 彼女の書くチェーザレ・ボルジアやマキアヴェッリも魅力的である。超おすすめ。


サイモン・シン「暗号解読」

 暗号について。
 隠し事をするのが人間の性(さが)だ、と誰かが言った気がする。
本書は、人類の長い長い「暗号」の歴史を記している。
上記のカエサルの名を関する素朴な暗号から、現代最先端の量子暗号まで。
暗号に賭けたひとびとの熱い生き様。
面白い。ひどく面白い。
むつかしい数学も噛み砕き、すっと理解できる。
中学上級、または高校生あたりにコレを読ませれば、
かなり教育的効果があるのではないか。

読み終わった後は脳細胞がメキメキと音を立てて目覚める気がする。
小難しい数学をこれほど面白く、分かりやすく書ける人がいるものだ。

 
なんかおすすめの本ないっすか。ヘルプ。

[PR]

by kentakuma | 2005-03-31 05:01 | 謎小説