妄言 at PLUTO

浦沢直樹の「PLUTO」を考える。

この作品中に出てくる人間は、ほとんどがあんまりさわやかじゃない。
 
 麻薬中毒だったり、
 ロボットの死を数万人単位の集会を開いて悲しんでみたり、
 過去に囚われていたり、
 ロボットをあからさまに蔑んだり、
 悪い事たくらんでたり、
 無能な周囲に向かって苛立ちをぶつけてみたり。

まるで、「人間」は弱さを持つものの異名だ。


それに比べてロボットたちは、
特に「大量破壊兵器となりうる」ロボットたちは、それぞれ空洞がありつつも
なんかさわやかだ。
さわやかという言葉は不適当かもしれない。
なんていえばいいのか、
「普通の漫画のヒーローっぽい」とでも言えばいいのか。
彼らの行動の理由も理解できるし、心情(?)も判る。


ただ一体、ロボットの中に例外が居る。
過去に殺人を犯し、それでも異常が全くないということで捕獲されている、
一体のロボット。

彼には悪意がある。
彼の闇はまるでこの作品に描かれている「人間」たちのように深い。


PLUTOの物語がどのように転がっていくかまだ判らない。
けれど、「人間」と「ロボット」の精神性の違いというものが、
非常に大きなファクターになっていくだろうなあ、と予想している。
究極の「ロボット」は「人間」。
「人間」のように負の感情を持ち、悪意を持つ。
そのような、完成したロボットとして、プルートウが描かれるのではないか。
そんな予感がある。

[PR]

by kentakuma | 2005-05-14 00:00 | 謎小説