流血の時代

本日、事件が起きまして。

いつものようにゴキゲンなチューンとともに、
働いておりますと、

「プパッ」

っとゆうユカイな音とともに、
目の前のキーボードと液晶モニタが真っ赤になりました。

軽く火サス入ってます。

ジャージャージャーン♪
ジャージャージャーン♪
(火サスのアレ)


船越英一郎と片平なぎさ、
二時間ドラマの帝王と女王がおどろおどろしく登場!








船越「鼻血じゃん」
片平「鼻血じゃん」




はい、ただの鼻血でございました。
でも被害は甚大。すごいダクダクでてるの。すごいダクダクなの。
どれくらいダクダクかってーと、
鼻につめるコヨリを、つくるじゃんすか。鼻血でたときは。
それがまにあわねぇの。
こより作ろうとして下を向くと血がたれるから、
おっとっとっと、でティッシュで鼻抑えるじゃない。
そんで軽くすわせて、よしダッシュでコヨリ作れ!ってまた下向くと間に合わないわけ。

それを4回繰り返したわけ。

コヨリチャレンジ
下向く
ハナ抑える
コヨリ失敗



アー俺はコヨリ作れずに出血多量で死すなのだなあ、と思ったら、
上向いて作ればいいじゃん。ってことに気づき、
上向きながら作りました。

口の中に血の香りががががががおえ。でもコヨリできました。
今俺の左の鼻には、立派にティッシュがつめられています。
もうお嫁にいけない。

キーボードとモニタ血で汚れちゃったし。
汚れ・・・・ちゃったアタシ。
もう、あなた・・・こんなアタシを・・・抱いてくれないよね・・・・。



もとい。


病弱キャラ(でもゴリラ)なわたくしは、
鼻の粘膜が弱く、気が付けば鼻血をたらしやがる。っていう、
とてもパンクロックor不良漫画の世界の人間でございますが、
ここまで鼻血飛ばしたことはありません。

みんな知ってるか。
鼻血が自然噴出するときは、
「プパッ」だ。
「プパッ」。
なんか軽快な音だなあああアハアハハハハハハ(鼻に詰めるコヨリが間に合わずに、
だらだら鼻血たらすスゴい俺)


エロいこと考えてもねぇのに鼻血ブー。
鼻血でる瞬間考えていたことは、ネットワークのトポロジー(形態)でございまして、
もう自分が何に興奮してるのかわかりません。

ネットワークで萌え狂う男、大隈健太郎。

ネットワーク「きゃる~ん。健太郎さまー。抱いてー☆」
俺「はっはっは。今日もシスコのルータはなまめかしいぜ。うーむ腰つきがたまらんわい」


死にてー。


メモ)①のるんしばく
   ②RO嫁の誕生日を忘れない

[PR]

by kentakuma | 2005-08-09 00:01 | 謎小説