北海道旅行記(2)~ピリオドの向こう側~

はやめに旅行記書いておかないと忘れるので、
がんばって書きます。んで、まだ羽田なのな。

------------------------------------------------------------

10月14日 12:00ごろ 羽田空港


 僕とふっくんはそれぞれサンドイッチを平らげ、
飛行機の出る14:40までやることもないので、お土産を物色することにしました。
僕は千葉県銘菓「楽花生パイ」を購入ずみだったので、ふっくんだけね。

ふっくんはアレコレ考えまくっております。
ふっくん「なー、東京ばな奈ってどうよ」
僕「ヤマザキの丸ごとバナナと味変わらんことない?」
ふっくん「・・・・。あー、悩むな」
僕「これどうよ。鳩サブレ。僕頭の上に乗っけてファルコンアサルトごっこやるから」
ふっくん「おまえ、それありえねーだろw」
などと和やかに談笑しつつ、彼が購入したのは舟和の芋ようかん。
あっさりした、素材本位の甘味を持つ、大変おいしいお菓子でございます。

買うものも買ってしまい、やることがなくなってしまいました。
とりあえず、AirDoのカウンター近くまで行って、ダラダラまつことに。


------------------------------------------------------------
13:10ごろ

僕ら、ベンチに座ってボーっとしておりましたら、
ピンポンパンポーンと放送が入りました。

『羽田発新千歳空港行き、14:40発、AirDo19便は、
 車両整備のため、出発時刻が16:00に変更になりました』

慌てて、僕は自分の乗る便の確認をとりました。

そんで、僕が予約したのは。
AirDo19便 14:40発。

なんてこったい。

9:00に空港に着き、
  16:00まで待ちぼうけ???

16:00-9:00=7:00

うおおおおおおおおおいやだいやだいやだあああああああああ


たまらず、カウンターに行って話を聞くことに。
すると、事態は急展開。
14:40に乗る人間を、14:00のANAの便に振り分け輸送するって話じゃないですか。
おお、ラッキー(だったかもしれない)。
40分、待ちぼうけ時間が短縮されたわけですよ。
カウンターのお兄さんに頼み、チケットを変更してもらいました。

まあ、きちんと昼前ぐらいの便に乗っておけば、こんなこともなかったんですけどね。

------------------------------------------------------------
13:55 飛行機内

 僕らが代替で乗った便の席は、
一番後ろ&ど真ん中でした。
席のランクとしては、なんだ。最低?みたいな。
 まあ、どうせ一時間チョイしか乗りませんし、今日は雨で、窓の外は雲だらけでわけわかんないっぽいので、我慢することにしました。

 荷物をしまい、シートに腰掛けまして。
となりに座るふっくんの様子がおかしいです。何事がぶつぶつとつぶやいています。

ふっくん「あーこの席最悪だ。最後尾一番ゆれるんだよナー。あーもう」
僕「へー、そうなん?」
僕はあまり飛行機に乗ったことがなく、そこらへんの情報に疎いものですから、
そんな風に聞いておりましたら、ふっくんの様子がどうもおかしい。


彼は飛行機にメチャ弱かったのです。



いいですか皆さん。

Surtの英雄モンク&BSのふっくんは。



飛 行 機 にメチャ弱いのです!!!!


これから、対人の場やボスでふっくんにカチあった方は、

「飛行機ブーン」

とささやけばいいと思います。そしたら、勝てます。



14:00に飛行機は駐機場を離れ、ゆっくりと滑走路を走っております。
ガクガクとぶれる車体。
そしてみるみる土気色に変わっていくふっくんの顔色。
僕は、空飛んでもいねーのにその変わりっぷりはどうだゲラゲラゲラ、と思っておりました。

言うと殴られるので思うだけ。
ああ、この日記書いた時点で殴られることは確定ですけども。

ゴゴゴッゴゴゴゴゴゴゴ、とすげぇー音がし、
そんで、離陸!




今回の教訓
①四捨五入して30のいい大人が、ファルコンアサルトなどとリアルで口にしてはいけない
②コスモツーリスト(旅行会社)さん、チケット取り替えてくれてありがとう。
③ふっくんから逃げ回ることにしよう。

[PR]

by kentakuma | 2005-10-18 02:00 | 謎小説