京都の塾講師について思う

小学生が犠牲になる痛ましい事件がこのところ続いていて、
とてもイヤな気分にさせられますが、
今回の「学習塾内で塾講師が生徒を刺し殺す」という事件は、
僕にとっては、まるっきりヒトゴトではねぇカンジでして。

この日記を書き始めた最初の頃は、
僕も、被告の「彼」と一緒で、学習塾で国語科講師をやっとったわけですよ。
そんで、彼と同じで、小学生なんていう多感な子たちも、担当してました。

あの日記なんてモンは面白おかしく書いてまして、
もちろん、ムカつくことはありましたよ。書いてねぇけど。
僕を気に入った生徒も、逆に嫌った生徒も居ました。

もし、コトリ、と小さな音を立てて、
何かのストッパーが外れてしまったのなら、
僕が「彼」になったのかもしれないなあ、なんて思ったのです。

くわばらくわばら。

[PR]

by kentakuma | 2005-12-12 02:37 | 謎小説