咳、鼻水が止まらず、
頭がぎりぎり痛く、くらくらします。
こんばんは、あきらかに風邪っぴきの大隈です。

体の節々が痛み、熱っぽいので、
敵を知り己を知れば百戦危うからず、
こりゃやってらんねえ、ってんで、
布団を這い出し、熱をはかりにいきまして。

うちにあるのは昔ながらの体温計でして、
そいつを脇に挟み、ぼへーとしてますと、
そのうち、ぴぴ、ぴぴ、ぴぴっっつって計測終了の合図。

液晶画面には、
35.5℃
と書かれていて、
体温計にバカにされた気持ちになりました。

「君はいっぱしの風邪ひきのつもりかもしらんが、
そんなもん、我がセンサにかければ一発で化けの皮がはがれるのだよ。
気のせい、気のせい。しゃきっとせんかい」
「いや、でもマジきっついんですけど」
「フン、演技してても全部お見通しなのだよ」

小学校のとき、
熱があるんだよ!って一生懸命母親をごまかして、学校さぼろうとして、
いろいろ見破られていた、苦い思い出からか、
なんか見透かされた気持ちになりました。

でも風邪です。信じてくれ。


なんかもう生きる気力がなくなりましたのでみなさんさようなら。
あさっての午前試験です。ダメだこりゃ。

[PR]

by kentakuma | 2006-03-02 02:06 | 謎小説