フィクション

燃えながら、
名残惜しそうに、
それでも満足げに、
波間に消えて行くゴーイング・メリー号の姿を見ながら、
一人静かに涙をたらす27歳のブログです。


とりあえず今日はマンガを読んだぜ!というネタ。
買いそびれてたワンピースの最新刊(44)を買って読みました。
そして晩飯食いながら涙ぐんでました。
メメメメメリー!
おまおまおま、ありがとうって・・・・!!!
みたいな。痛いよね。死ね!俺!

あと、六道神士の「ホーリーブラウニー」てマンガも買ったですよ。
「エクセルサーガ」の作者だよ!っつっても、
知ってる奴は知ってるし知らん奴は知らんよなあ。
説明めんどくせえので、ぺらぺらめくってその中の印象的なセリフを挙げて紹介に代えさせていただきます。清聴ありがとうございました。



「今宵のプレイの話だが 
余が美少年に犯されつつそれをそなたが蔑み見るというのはどうであろう」
「想像するだに濡れてしまいますわ陛下」

ええそういうマンガです。人生ナメたいときオススメ。

しかし王道冒険るきるきマンガとドぐされ露悪マンガの取り合わせって胸焼けするね!

[PR]

by kentakuma | 2006-12-19 00:58 | 謎小説