2006年 02月 25日 ( 1 )

おはようございます、大隈です。

フィギュアスケートの荒川選手が金メダルをとりましたね。
めでたいことでございます。
無かったことにしよう感が漂うこのトリノ五輪の救いの神、とでも申しましょうか、
報道ががんがんになされております。

我が大隈家でもフィギュアスケートの話題でもちきりでございました。

んで、さっきも。
エキシビジョンっていうんですか?
フィギュア選手があんまし競技っぽくなく、滑ったり滑ったり(そらそうや)、
なんか鮮やかにライト・アップされた銀盤の上で演技する、ってのをやってまして、
親父のあほが起きて見てたのですが、
そのTV音量があまりにもでかく、

ふぁーらららーふぁー、がっ。ふぁー


悪夢のクラシック脅迫状態、みたいなカンジであまりにもうるさく、
とても寝ていられぬので起こされました。

そんで、わたしも心中のイラつきを抑えつつ、
テレビを見守ることにいたしました。

荒川選手が華麗に滑っておりまして、
うーむすばらしいものだな、人間というものはこれほど軽やかに滑れるものなのだなあ、
と感心しておりますと、
彼女の得意技というかコダワリ技というか、
体全体を強烈にそらせる、技をやりました。
親父「これ、イナバウアーっつうんだよな」


突然、

脳内100人に聞きました状態になりまして。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


イナバウアーを聞いて思い出したこと。

1、因幡の白うさぎ    2人
2、稲葉浩志       35人
3、イナバ物置      63人



やっぱイナバ物置だよなあ、と思いました。
100人乗っても、ダイ・ジョー・ブッ。

一度イナバ物置だと思ってしまうと、
彼女が体をそらせるしぐさが、もうイナバ物置臭っていうか、
なぜか八嶋智人の脳内アナウンスで、

「ダイ」(準備)
「ジョー」(反る)
「ブッ」(すべる)
「はいいつもより余計に反っておりまーす」(拍手!)


なんつって、面白くてしょうがなく、
でもこの面白さは通じないんだろうなーなんて書いて後悔したりしなかったり。


あいかわらず意味不明ですが僕は元気です。グッバイマイグルーミーデイズ。

[PR]

by kentakuma | 2006-02-25 06:13